MENU

上場祝いに花を贈るときのポイント

上場祝いの花として定番なのは胡蝶蘭です。「幸せが舞い込んでくる」という縁起の良い花言葉もありますので、お祝い花として最適です。

 

市場一部上場、市場二部上場、JASDAQ、マザーズなど市場が分かれていますが、胡蝶蘭はそれぞれの上場祝いの贈答品として最も利用されている花となります。

 

上場した会社にはたくさんの胡蝶蘭が届きます。届く花の数がその会社の信用の高さや取引先の多さを表す指標といわれています。

 

でも、どの程度の価格を選べばよいのか?いつ贈ればよいのか?お祝い札の書き方はどう書けばよいのか?わからない方もいると思います。
自社の大切な取引先に上場祝いの胡蝶蘭を手配するときは、相手に失礼のないように、マナーや相場、贈り方に注意して手配することが大切です。

 

上場祝いに胡蝶蘭を贈るときの相場感やマナーなど、注意するポイントを紹介しますので参考にしてください。

 

胡蝶蘭を注文する業者選び

通常の花屋でも胡蝶蘭の注文は受付けていますが、納期や値段などが合わない場合があります。
業者を選ぶときは企業への贈答花の販売実績が多い会社を利用すると安心です。

 

実績の少ない一般の花屋を利用した場合、用途に見合わないようなラッピングや立札になってしまったりする場合があります。
また、最もよくあるミスが立札の間違えです。
受取人の名前を書き間違えたり、字の大きさや色、バランス、記載位置が正しくなかったりすること(マナー違反)があります。

 

配送のタイミングやマナーなどもあるため、ビジネスギフトの販売実績が少ない花屋の利用は避けるのが無難です。

 

しっかりしたお祝い花を贈るために、実績と評判の良い会社を紹介しています。
法人利用は請求書後払いにも対応していますので参考にしてください。

 

上場祝いの胡蝶蘭を選ぶ基準

高品質で見栄えが良いこと

受賞歴のある名産地の胡蝶蘭を取り扱っていること

納期と配送エリア

最短翌日着&全国送料無料

支払い方法

法人請求書後払い、領収書発行対応

ラッピング&立札無料

企業向けにふさわしい見栄え

届けた花の画像配信

納品された花を依頼主が画像で確認可能

 

ここで紹介している会社は、上記の条件をクリアしたおすすめの胡蝶蘭販売会社です。

 

Hitohanaの特徴

【配送エリア】

日本全国(最短翌日配送)

【送料】

無料※北海道、九州、沖縄、一部地域を除く

【おすすめポイント】

数々の受賞歴を誇る名産地の胡蝶蘭。

「カード決済」「請求書払い(後払い)」「銀行振込」に対応。

最高品質の胡蝶蘭を新鮮&産直価格で贈れます。

写真送付サービス、ラッピング、立札、送料、すべて無料。



【注文期限】

・通常配送…お届け日の前日正午までの注文で翌日にはお届け可能。

※当日12時を過ぎた場合でも対応できる場合あり。

価格 10,000〜60,000円
評価 評価4.5
備考 最短翌日OK!全国配送&写真送付サービス、ラッピング、立札、送料無料
 

 

 

移転祝いの相場と花のボリューム感

重要顧客など大切な取引先

3万円〜10万円

通常の取引先

1.5万円〜3万円

胡蝶蘭<3本立> 胡蝶蘭<3本立> 胡蝶蘭<5本立>

価格:15000円

価格:20000円

価格:30000円

胡蝶蘭<7本立> 胡蝶蘭<10本立>

価格:50000円

価格:100000円

 

 

世界らん展でブルーリボン賞や農林水産大臣賞などを受賞している名産地の高品質な胡蝶蘭取扱店です。
日本全国に最短翌日に配達可能な胡蝶蘭をネットから24時間注文可能です。
法人利用の場合は後払い(請求書払い)が利用できます。

上場祝いに胡蝶蘭が選ばれる理由

胡蝶蘭の贈り物

上場祝いに贈る定番のビジネスギフトは「胡蝶蘭」です。

 

でも、なぜ胡蝶蘭が選ばれているのでしょうか?

 

その理由は、花の形が蝶に似ていることから「幸せが飛んでくる花」として、お祝いごとには欠かせない縁起の良い贈り物だからです。

 

古来から「花を添える」という言葉もあるように、祝福時に贈答するには花は最適なギフトです。

 

上場祝いの相場やマナーに見合ったお祝い品には胡蝶蘭を選べば安心ですが、値段によっては相場に見合わない場合もありますので気を付けましょう。

 

最近の通販では、品質の良くない花を低価格で販売しているところが多く見受けられます。

 

見た目には違いがわかりづらい花であるだけに、値段だけで判断するのは注意が必要です。
実績が多い、信頼できる販売店を利用するようにしましょう。

 

上場祝いに適正な値段とは?

上場祝いの相場に関しては、2万円〜5万円と幅がありますが、最も多いのが3万円になります。

 

お付き合いの長さや取引の多さなどで予算を決めますが、ここで紹介している業者を利用した場合、3万円以上の胡蝶蘭を選べば、同額の他の花に劣ることはないので安心です。

 

胡蝶蘭以外の花

上場祝いにフラワーアレンジやスタンド花といった贈り物も見受けられますが、こういった花というのは見た目では値段がわからない場合が多いです。
花の種類によって、大きくても値段が安かったり、小さくても高かったりします。

 

その点、胡蝶蘭であれば大体の相場と販売価格が決まっていますので、贈った花が安く評価されることがないので安心です。

 

花以外の贈り物を検討することもあると思いますが、飲み物や食べ物には好みがありますし、相場以下となることが多いので、あまりお勧めできません。

 

大事な取引先なのに、相場以下の花やマナーに反した送り方をしないようにしましょう。今後の取引が円滑に進むように上場祝いの贈り物を選ぶことが大切です。

 

ここで紹介している会社は、ビジネスギフトとしての販売実績が多い会社なので、注文時に「上場祝い」としておけば、マナーに合わせたラッピングと立札にて手配しています。

 

利用者の口コミ

取引先が上場したのでお祝いに胡蝶蘭を贈りました。贈り物は様々ですが、やはり胡蝶蘭が正解です。有名な高級花なので知っている人も多いですね。鑑賞期間が長く、手間もかからないのも喜ばれている理由だと思います。

 

名産地の花を贈るメリットは、届いてすぐ枯れたりしないことだと思います。
花には自社の名前が書かれた札が付いていますので、他の花より先に枯れてしまってはイメージが悪いですよね。
その点こちらのお花は長持ちしますので、良い印象を持たれます。
また、しばらく飾っていただいて、枯れる前に社員の家族に送ったり、持ち帰ったとの話も聞きました。

 

上場祝いとなるとそれなりに大きな企業ですので弊社以外にも取引している会社も多くなります。
贈り物を選ぶときは他社以下の花にならないように気をつける必要がありましたが、こちらの業者は通常の花店よりも高品質で値段もリーズナブルに手配できるので安心でした。

上場祝いの相場とマナー【まとめ】

上場祝いの相場について

 

相場は2万〜3万円を目安とするとよいでしょう。大事な取引先なら3万円以上が安心です。

 

用途と予算で選べる胡蝶蘭

 

胡蝶蘭の価格帯はピンキリです。安いものは1万円台から、高いもので50万円くらいまであります。
3万円程度の予算で、送り先の会社との関係を考慮して金額を決めると良いと思います。

 

相手に合わせた相場の考え方
重要な取引先:3万円以上
通常の取引先:2万円台

 

上場祝いのマナーについて

 

マナーについては、花につける立札(熨斗(のし))の書き方と贈る時期を確認しておくと安心です。

 

立札(熨斗)の書き方

花にはリボンやカラー包装紙などのラッピングがされますが、無料で立札というものが付けられます。この立札が熨斗の代わりとなるものです。

 

立札に記載する一般的な祝字の書き方としては下記の内容になります。
東証一部やマザーズといったことは書いても書かなくても失礼にはなりません。

 

祝 上場」「上場祝い

 

祝字に続けて差出人名(送り主)を書きます。

 

祝 上場 ○○株式会社 代表取締役 □□太郎

 

贈る時期

 

上場の通知が届いたら、出来るだけ早く手配しましょう。
届ける日は上場日当日でも問題ありませんが、前日(営業日)でもOKです。

 

お祝い物は先に届いたほうがインパクトが有りますし、先方への印象も良くなりますので、なるべく早めの手配がおすすめです。
尚、手配が遅れた場合でも1週間〜10日後くらいまでは贈っても問題ありません。

 


>>一流企業の評価が高い胡蝶蘭<<

上場とは?

東京証券取引所

 

上場祝いについて

上場祝いとは、取引先の会社が株式を上場したことをお祝いするものです。上場とは、取引所が売買の対象として定めることにより、 株式会社が自分の会社の株式を証券取引所において自由に売買出来るようにすることです。これにより、 投資家によって上場した会社の株が売買されるようになります。 上場企業とはその株を発行できる企業を指します。株式の上場は、発行した株を買ってもらうことにより資金調達をし、その資金で事業活動を行うことが可能になります。上場祝いは、そのような会社に贈る大切なお祝いごとです。

 

上場(じょうじょう)とは、株式や債券などの有価証券や商品先物取引の対象となる商品(石油、砂糖など)を取引所(市場)において売買可能にすること。

株式を企業の外部から募った新たな出資者に譲渡することができ、株主が不特定多数かつ広範囲に分布する株式会社を一般に公開会社(Publicly held corporation)という[1]。会社関係者のみの間で制限的に所有されていた株式を新たな出資者に譲渡できるようにすることを株式の公開という。

 

株式が公開されている場合、原則として株式の所有者は譲受希望者との相対取引によって株式の譲渡を実現することができる[2]。しかし、複雑化した現代社会では株式の相対取引は経済的合理性が失われるほど取引コストの負担が大きくなるため、株式投資に関する高い専門的知識を有する機関投資家間や銀行と融資系列企業の間など限られた場合にしか相対取引は行われていない。

 

一般人による株式の取引は公開市場(open market)で行われることが多く、株式等が取引所が開設する市場で売買可能になることを上場という。

ウィキペディアより引用